八幡神社(白旗八幡宮)

施設名八幡神社(白旗八幡宮)
概要祭神は、誉田別命(ほんだわけのみこと)で、明治41年(1908年)に現在地に白旗八幡宮の社殿を建て、氷川神社の接社として信仰されはじめました。 勧請の時期は不明ですが、足立区の各地に残る源頼義、義家の奥州討伐の伝説のひとつがこの八幡で、源義家が隅田川を渡る際、両岸に白旗を立て目印にしたことに因んでいるといわれています。
住所足立区千住宮元町3番8号
アクセス東武スカイツリーライン・JR常磐線・東京メトロ・つくばエクスプレス北千住駅(西口)から徒歩15分
京成線千住大橋駅から徒歩7分
マップ

ヤハタジンジャ(シラハタハチマングウ)

ヤハタジンジャ(シラハタハチマングウ)