【当サイトに掲載の各施設等の情報等は、新型コロナウイルス感染拡大を受け、変更となっている場合があります。また、国や都、区の要請に従い、お一人おひとりが適切な行動を取ってください。】

【11月1日スタート】「第6回 足立区街フォトコンテスト」

 あだちくまちふぉとこんてすと
2021年1月1日以降に足立区で撮影した魅力的な風景などの写真を大募集!

>>「第6回⾜⽴区街フォトコンテスト」投稿ページへ

【募集期間】
令和3年11月1日(月)午前10時 ~ 令和4年1月31日(月)午後5時(必着)

【応募資格】
どなたでも投稿できます(中学生以下は保護者の承諾を得てください)

【出品点数】
1人5点まで

【応募写真について】
応募要領、応募規約はこちらから
応募作品は応募者本人が2021年以降に撮影した未発表のもので、著作権および使用権を現に有している写真に限ります。
※ただし、応募者本人の製作による市販目的のない出版物や本人のホームページ、SNS等に掲載した作品は応募できます。
※他人の名前を使用した場合や、他人の著作物を引用した場合は無効となります。
※作品は著作権や肖像権、プライバシーを侵害するおそれのないものに限ります。作品に人物が含まれる場合については、応募者が必ず承諾を得てください(中学生以下の方が写っている場合は保護者の承諾が必要です)。
※応募規程に違反した場合は、入賞決定後でも入賞を取り消し、賞品を返還していただきます。
【写真の形式及びサイズ】
デジタルカメラまたはスマートフォンで撮影したJPEG形式で1作品につき10MB以内のもの。
※デジタルでの極端な画像加工処理(合成・変形等)をされたものは応募できません。

【審査協力】
全日本写真連盟、一般社団法人日本写真作家協会

全日本写真連盟 総本部顧問 伊藤康雄氏
全日本写真連盟 関東本部委員 茂垣貴子氏
日本写真作家協会 JPA展統括実行副委員長 森誠子氏
日本写真作家協会 牧島ヒロミツ氏

【協力】
足立成和信用金庫

【各賞】

①審査員による選定(商品券)
 グランプリ(1名)3万円/準グランプリ(1名)2万円/特別賞(4名)1万円

②サイト閲覧者による投票「いいね!ランキング」(商品券)
 1位(1名)1万円/2位(1名)5千円/3位(1名)3千円

③全応募者の中から抽選(6名)3千円…足立区ゆかりのステキな商品をプレゼント!

※やむを得ない事情により、賞品は予告なく変更となることがあります。

【応募方法】
①コンテスト用バナーをクリックし、リンクされている応募サイトにて写真を応募してください。
※投稿から公開まで、時間がかかる場合があります。
②CD-Rなどの記録媒体での応募を希望される場合は、区民事務所等で11月から配布する所定の「応募票」を添えて持参または郵送してください。

ステキな作品は、区のPRやイベントポスター等に使用されるかも!?

足立区の魅力を伝えるために生み出されるチラシやポスター、冊子、ホームページなどなど、作品は様々な媒体で活用させていただいています!

ふぉとこんかつようじれい

その他の活用事例

「あだワン・シネマカレッジ」周知用チラシ(発行:足立区報道広報課)

令和3年度足立区主要施設案内図・交通安全案内図(発行:足立区報道広報課)

足立区行政サービス案内(令和3年度版)(発行:足立区報道広報課)

ほか多数

審査員からメッセージ!

第1回足立区街フォトコンテストからずっと審査員として作品を見続けていた、伊藤康雄さん(全日本写真連盟総本部顧問)からメッセージをいただきました!

足立区は写真愛好家にとって魅力的な街です。
宿場町の名残を残す街道やレトロな商店街があり、夏の花火大会や公園のイルミネーション等々、シャッターチャンスが豊富な街です。
昨年の応募に少年が玉ねぎの乾燥棚からのぞいている写真がありました。
その少年の視線の先には画像にない誰かが居る、正に想像的表現力の強い素晴らしい写真でした。
今年も個性豊かな写真の応募を期待します。

全日本写真連盟総本部顧問 伊藤康雄

前回入選作品

グランプリ

42-20201130215858-4b216f83-ff63-4e31-983b-b38758ec0354

今年もたくさん穫れました♪ 撮影者:DAIKIさん

準グランプリ

線の下の力持ち 撮影者:はなつむさん

線の下の力持ち
撮影者:はなつむさん

特別賞

地上絵 撮影者:Yさん

地上絵
撮影者:Yさん

ママ!もっと遊ぼう!! 撮影者:たぬママさん

ママ!もっと遊ぼう!!
撮影者:たぬママさん

秘密基地 撮影者:すぎさん

秘密基地
撮影者:すぎさん

2人を見守るひまわり 撮影者:ももさん

2人を見守るひまわり
撮影者:ももさん