勝専寺

施設名勝専寺
概要「赤門寺」で知られるお寺です。創建は文応元年(1260年)で、江戸時代二代将軍徳川秀忠が鷹狩りをした際に休憩所となり、三代将軍家光の時代には境内に茶屋が造営され、度々立ち寄っていました。「おえんま様」の愛称で親しまれている、赤顔赤腹のえんま王坐像は全身が朱の漆で塗られています。現在の本堂は、明治39年(1906年)に建立されたもので、住職は洪水の多い地域であることを考え、天才地変に憂いのないようインドにある寺院を模して、コンクリートを主体に、側面に赤レンガがはめ込まれた強固なものにしたと言われています。荒川の水底から引き上げられ、千住の地名の由来になったという木造千手観音立像が安置されていますが、傷みが激しいため一般公開はされていません。
住所足立区千住二丁目11番
アクセス北千住駅(西口)徒歩5分
マップ
問い合わせ先03-3881-2358

ショウセンジ

ショウセンジ

 

ショウセンジ