【当サイトに掲載の各施設等の情報等は、新型コロナウイルス感染拡大を受け、変更となっている場合があります。また、国や都、区の要請に従い、お一人おひとりが適切な行動を取ってください。】

春のおすすめ!桜ウォーキングコース あだち五色桜の散歩みちコース

2021/09/09

あだちごしきさくらのさんぽみち

さくらウォーキングコース

>>足立区作成のコース案内図(PDF)はコチラ

最寄り駅:(スタート)北千住駅/ゴール)東武バス(西07)「鹿浜都市農業公園」ほか
コース距離:約7km

 

 

千住ほんちょう公園

江戸時代に賑わった日光道中・宿場町の雰囲気を伝えようと作られました。緑の少ない千住にあって貴重な憩いの場になっています。千住宿史跡・旧跡案内図があります。

公園情報

【開園】常時開放
【設備】遊具(タコさんすべり台など)、トイレ

せんじゅほんちょうこうえん

近隣グルメ情報

NIHIRO(足立区千住3-55)【MAP
スペインバル Cabana(足立区千住3-68-20)【MAP
★お店の詳細が気になる人はコチラもチェック!
東武スカイツリーライン沿線 個性派バルで乾杯♪

Asu à VIVANT(足立区千住3-56 下野屋ビル101)【MAP
ビストロオオカミ(足立区千住3-57-2)【MAP
★お店の詳細が気になる人はコチラもチェック!
イタリアン&フレンチ! 千住の気になるあの味をおうちで



 

学びピア21

荒川の堤防に面した風光明媚な場所にある、足立区生涯学習総合施設(愛称:学びピア21)です。
1~3階は足立区立中央図書館、4階は足立区荒川ビジターセンターと足立区生涯学習振興公社、4~5階には足立区生涯学習センター、6階には放送大学東京足立学習センターが併設。また、7階には富士山や筑波山、スカイツリーが望めるレストランもあります。

施設情報

【開館】※フロアによって異なります。学びピア21(足立区生涯学習センター)のホームページをご確認ください。
【設備】図書館、足立区荒川ビジターセンター、レストランなど
【ホームページ】https://www.adachi-shogakucenter.net/

腹ごしらえに足立区名物「あだち菜」を使ったメニューはいかが?

学びピア21の7階にある「レストランさくら」では、足立区のあだち菜(小松菜)を使ったうどん「あだち菜うどん」をメニューとして提供しています。
あだち菜をたっぷり練り込んだうどん麺を使った「足立菜つけうどん(720円)」、ぜひご賞味あれ。
■レストランさくら
所在地:足立区千住5-13-5生涯学習センター(学びピア)内7階
電話:03-3870-4446
ホームページ:http://www.restransakura.net/

あだちなうどん

写真提供:レストランさくら



 

大川町氷川神社

祭神は素盞鳴命(すさのおのみこと)・倉稲魂命(うかのみたまのみこと)で、永仁2年(1294)に千住五丁目川田耕地に素盞鳴命を勧請したのが始まりとされています。大正2年(1913)に荒川放水路(現在の荒川)の開削工事のために現在地に移転しました。境内には、足立区登録有形文化財の「紙すき碑」、足立区登録有形民俗文化財の富士塚などがあります。



千住公園

4月に見頃を迎える藤、夏場に小さな子供達で賑わうじゃぶじゃぶ池が特徴です。また、砂場や複合遊具、ブランコ等の遊具に加え健康遊具があり、ベンチも多いため、夕方には子供から高齢者まで沢山の人で賑わう公園です。

公園情報

【開園】常時開放
【サクラ】あり
【設備】遊具、広場、トイレ



▼ 

帝京科学大学

お化け煙突モニュメント

以前千住にあった「千住火力発電所」の4本の煙突は、かつて「お化け煙突」と呼ばれていました。
4本の煙突が薄い菱形に配置されていたため、見る角度によって煙突の本数が変わり、これが名前の由来になりました。
解体されたお化け煙突の素材の一部が、現在帝京科学大学千住キャンパスにモニュメントとして設置されています。

オバケエントツモニュメント



尾竹橋



尾久の原公園

尾久の原公園は、旧旭電化工業(現:ADEKA)尾久工場跡地に整備された自然を活かした公園です。
園内には、区民の憩いの場として芝生広場、原っぱ、トンボ池や、荒川区の木である桜(枝垂れ桜)が約170本植栽されて、近隣で有名な春の花見スポットとなっています。

公園情報

【開園】常時開放
【サクラ】あり(シダレザクラ)
【設備】芝生広場、だれでもトイレ、トンボ池
【ホームページ】https://tokyo-eastpark.com/ogunohara/




 

尾久橋



扇大橋



五色桜の散歩みち

ごしきさくらのさんぽみち

ごしきさくらのさんぽみち

足立区では、かつて都内有数の桜の名所だった「荒川の五色桜」を復活させるべく、平成21年度から27年度まで、寄付金を募り桜の植樹を行う事業「ふるさと桜(平成五色桜)オーナー制度」を設け、荒川左岸土手上約4.4km(鹿浜橋から西新井橋)の区間に、区民がオーナーとなった桜、458本を植樹しました。



ヨリミチ! 五色桜大橋

ごしきさくらおおはし首都高速中央環状線の一部として平成14(2002)年に開通。
名前の由来は、昭和初期まで荒川堤に咲き誇っていた「五色桜」。
一度は失われたが、「ふるさと桜オーナー制度」による植樹で復活しつつあり、春には桜と橋のコラボレーションが楽しめる。
MAP



ヨリミチ! 五色堤公園

「荒川五色桜」ゆかりの公園として、春に約20本の「里帰り桜」が美しさを競いあっています。
「里帰り桜」: 明治45年(1912年)にワシントンへ送られた「荒川五色桜」。その後本家の桜は堤防工事や公害で衰退してしまいました。そこでワシントンから枝を採取し、再び「里帰り桜」として植えられました。

公園情報

【開園】常時開放
【サクラ】あり(里帰り桜)
【設備】トイレ
【所在地】足立区江北2-8-4【MAP




 

鹿浜橋



都市農業公園

春は約50種290本の桜、河川敷のチューリップ花壇、秋にはコスモス、冬には梅など四季折々の花を楽しめます。
園内には、足立のかつての「農」の風景を思い起こさせる水田、畑、古民家をはじめ、大きな滑り台がある遊具広場、体験施設、工房棟などもあり、子どもから大人まで誰もが楽しめる公園です。
直売所「とれたてマルシェ」では、旬のとれたて野菜や、ジャムやピクルスといった加工品など、様々な商品が勢揃い!この春には、ほんのり桜の香りのする「さくらマドレーヌ」も登場!!

公園情報

【開園】
※工事等に伴い、駐車スペースが大幅に縮小されています。できるだけ公共交通機関をご利用ください。
9:00~17:00(9月~4月)
9:00~18:00(5月~8月)
休園日:毎月第1・第3水曜日、年末年始(12月29日~1月1日)
※第1・第3水曜日が休日または10月1日(区民の日)にあたる場合は次の平日
※令和3年4月は無休(予定)
【サクラ】あり(各種)
【設備】レストラン「キッチンとれたて」、だれでもトイレ、駐車場、チューリップ花壇(見頃3月下旬~4月中旬予定)、直売所「とれたてマルシェ」、ビジターセンター
【ホームページ】https://www.ces-net.jp/toshino/index.html

としのうぎょうこうえん

としのうぎょうこうえん

さくらまどれーぬ

 

>>そのほかの桜ウォーキングコースはこちらから

-未分類