【当サイトに掲載の各施設等の情報等は、新型コロナウイルス感染拡大を受け、変更となっている場合があります。また、国や都、区の要請に従い、お一人おひとりが適切な行動を取ってください。】

佐野いこいの森緑地

施設名佐野いこいの森緑地
ヨミガナサノイコイノモリリョクチ
特徴歴史や自然と触れ合える公園
概要佐野いこいの森緑地は、徳川家康(とくがわいえやす)の重臣、伊奈忠次(いなただつぐ)に仕え、関東東海各地の徳川領支配に活躍した佐野新蔵胤信(さのしんぞうたねのぶ)の居館跡で、同家が中心となり文禄2年(西暦1593年)に開いた佐野新田の屋敷として子孫が代々居住した屋敷林の一部です。
区では、この歴史ある貴重な屋敷林とその自然環境を守るため、昭和49年(西暦1974年)4月1日に保存樹林第1号に指定し、その後、皆様に親しんでいただくために「佐野いこいの森」を開園しました。
緑地の中には希少種ともいえる植物、昆虫、さまざまな野鳥などが生息し、生態系を有する貴重な森となっています。
利用可能時間水曜日・日曜日(12月29日から1月3日をのぞく)
9時から17時(2月から10月)
10時から16時(11月から1月)
住所佐野一丁目31番11号
マップ
問合せ先03-3880-5897(公園管理課拠点公園係)

サノイコイノモリ

サノイコイノモリ

サノイコイノモリ

サノイコイノモリ