足立区の「今」をまとめた「足立区のコト。」が発行されました

足立区のコト。足立区をこよなく愛する著者・舟橋左斗子氏による「足立区のコト。」が発売されました。
このところ話題となっている足立区の「今」が、わかりやすくまとめられています。
「足立区は本当にヤバイのか」という問いに答え、足立区の表と裏を読み解く1冊です。 
ぜひ区内の書店などでお求めください。

書籍情報

彩流社
舟橋 左斗子 著 
A5判 / 192ページ 
定価:1,800円 + 税

<目次>
序章 足立区ってどんなところ?
 地理—広くて平坦。水と緑が多い
 歴史と産業
 千住宿と、荒川のこと/農業地帯、そして住宅地へ
 物流の拠点、足立/足立の交通と、平成の再開発
第1章 足立は本当にヤバイのか
 治安が悪い?
 貧しい?
 学力が低い?
 寿命が短い?
 (インタビュー)北野大さんに足立を聞く
第2章 足立LOVEな足立区民
 究極のふつうまち千住
 市場と酒場がある「食のまち」
 銭湯といえば足立
 「五色桜」を復活させる人たち 
 足立の子どもはすごいのだ
 ちょっと泥臭いアートプロジェクト〜音まち千住の縁〜
(コラム)江戸時代からアートなまち?
 区立公園面積23区No1! 子育てするなら足立区
 入江洋介が西新井にやってきた! 
 足立は「農」がおもしろい
 足立のものづくり
第3章 こちら足立区役所です
 地味で地道な広報改革—23区初のシティプロモーション課
 (コラム)大学誘致のウラ話
 犯罪の数を減らす!—ビューティフル・ウィンドウズ運動
 足立区の給食はおいしい!—日本一おいしい給食を目指して
 野菜をちょい増しって?—狙いを定めて取り組む

 

-2018年1月~6月Topics, Topics