本行寺

施設名本行寺
概要浄土真宗本願寺派の寺院で、松賢山本行寺と号します。本尊は阿弥陀如来です。当寺は震災後移転してきましたが、それは被災によるものではありません。天正8年(1580)、越前で千田七郎宗順が開山した後、大正9年(1920)、15代住職千田専精が東京移住の信徒を訪ねて上京し、荒川区日暮里に布教所として本行寺を設けました。大正12年(1923)には16代住職千田専壽も上京し布教活動を行いました。昭和6年(1931)、現在地に寺籍移転と墓地を申請し、許可されたため、福井市曽万布町より移転してきました。昭和8年(1933)に旧本堂が落慶、昭和56年(1981)には新本堂・客殿が落慶しました。
住所足立区東伊興四丁目6番10号
アクセス東武スカイツリーライン竹ノ塚駅(西口) 徒歩20分
マップ

ホンギョウジ