西新井大師

施設名西新井大師
概要平安時代の天長3年(826年)、空海(弘法大師)は、災厄で苦しむこの地の人びとの救済のために刻んだ十一面観世音菩薩と大師像を堂に安置しました。「西新井総持寺碑記」によると、1444年、1446年そして1503年と3度火災に遭いましたが、本尊弘法大師大師像は難を逃れました。このために西新井大師は「火伏せの大師」といわれ、厄災全般に霊験があると信じられています。
住所足立区西新井一丁目15番1号
アクセス東武大師線 大師前駅 徒歩1分 日暮里・舎人ライナー 西新井大師西駅(東口)徒歩15分
マップ
問い合わせ先03-3890-2345
ホームページhttp://www.nishiaraidaishi.or.jp/

ニシアライダイシ

ニシアライダイシ

ニシアライダイシ

ニシアライダイシ