甲良屋敷跡

施設名甲良屋敷跡
概要甲良家は、近江犬上群甲良荘法養寺村の出身で、初代甲良宗広から11代棟孝まで、江戸幕府に仕えました。江戸城をはじめ、日光東照宮など大きな建築物の造営に関与し、建仁寺派とよばれるた工匠の家柄でした。その甲良家の別邸の跡地です。また、宝暦2年(1752年)建立された、東都嘉慶樹(とうとかけいじゅ)の碑があります。碑文によると、明の禅僧東皐心越が来日の際、布を張った小箱に李の実をひとつ持参したことに由来しています。唐琴や書、武術家たちの交流があったことがわかります。また、昭和56年にはこの碑が縁で旱蓮果樹の種を送られるなど中国との交流がありました。
住所足立区千住旭町10番31号(千寿常東小学校内)
アクセス北千住駅(東口)徒歩5分
マップ

コウラヤシキアト

コウラヤシキアト

コウラヤシキアト