應現寺

施設名應現寺
概要全国でも少ない時宗の寺院であり、また、伊興最古の寺院でもあります。切妻造で流破風の桟瓦葺である四脚の山門は、寛永14年(1637年)の建立と伝えられ、区内最古の木造建築物です。山門の蛙股などの装飾に江戸初期建築物の特長が示されています。さらに、寺領の経塚から平安時代後期のものと推定される星兜(星のある兜)が出土しており、現在、東京国立博物館に所蔵されています。山門、石燈籠、文書、六字名号板碑は、足立区有形文化財です。
住所足立区伊興本町二丁目3番3号
アクセス東武スカイツリーライン 竹ノ塚駅(西口)徒歩15分
マップ

オウゲンジ

オウゲンジ