【当サイトに掲載の各施設等の情報等は、新型コロナウイルス感染拡大を受け、変更となっている場合があります。また、国や都、区の要請に従い、お一人おひとりが適切な行動を取ってください。】

堀切駅

施設名堀切駅
概要東武鉄道は明治32年(1899)8月に北千住〜久喜間の営業を始めました。明治35年(1902)4月には北千住〜吾妻橋(現・東京スカイツリー)の営業が開始されました。堀切駅は堀切菖蒲園の花見客の便を図るため、この時に開設されました。明治43年(1910)の洪水をきっかけに荒川放水路(現在の荒川)が開削されることになり、東武スカイツリーラインの線路が放水路堤防の南側に移されると、堀切駅も大正13年(1924)10月1日に現在地に移転・開業しました。「3年B組金八先生」で登場した荒川河川敷などの最寄り駅で、懐かしさの残る佇まいです。駅の近くには、足立区立第二中学校の跡地に開校された東京未来大学の校舎も見えます。
住所足立区千住曙町34番1号
アクセス東武スカイツリーライン 堀切駅 徒歩0分
マップ

ホリキリエキ