【当サイトに掲載の各施設等の情報等は、新型コロナウイルス感染拡大を受け、変更となっている場合があります。また、国や都、区の要請に従い、お一人おひとりが適切な行動を取ってください。】

明王院(赤不動)

施設名明王院(赤不動)
概要真言宗豊山派の寺院で、萬徳山梅林寺明王院と号します。治承2年(1178)に源為義の三男志田先生義広が創建し、本尊は感得不動明王です。江戸時代には、徳川将軍家の御膳所(休憩所)となり、寺領13石を拝領しました。不動堂(本堂)が朱塗りであることから「赤不動」とよばれ、江戸庶民の信仰を集めました。現在のお堂は昭和48年(1973)に再建されたものです。境内には回向堂や鐘楼堂、天満宮などもあります。不動堂に安置されている如意輪観世音菩薩坐像は如意宝珠や宝輪によって延命・福徳などの願いを成就する仏で、応安2年(1369)の銘があり、東京都指定文化財になっています。
住所足立区梅田四丁目15番30号
アクセス東武スカイツリーライン梅島駅 徒歩15分
マップ
問合わせ先03-3852-7378
ホームページhttp://www.akafudo.org/

みょうおういん

みょうおういん

みょうおういん

みょうおういん