花畑大鷲神社

施設名花畑大鷲神社
概要お酉様として多くの人々に親しまれている神社です。創建年代は不詳ですが、日本武尊の東国平定の偉業と多年夷賊に苦しんでいた人々が、尊への感謝を込めて御祭神として奉斎したことが起源とされています。江戸時代には「鷲大明神」と称していました。現在の本殿は、源義光の後胤という秋田藩主佐竹氏の奉献によるもので、嘉永7年(1854)より明治8年(1875)までの歳月をかけて、宮大工の吉田左近則之の手によって建てられました。数々の彫刻が施されていますが、中でも向拝柱の昇り龍・降り龍の彫刻は見事です(足立区登録有形文化財)。当社は「酉の市」発祥の地で、江戸の町からも多くの人々が参詣に訪れました。今も毎年11月の酉の日には熊手などを売る店が並び賑わいを見せています。また、7月第3日曜日に3頭の獅子が勇壮に舞う「花畑の獅子舞」でも知られています(足立区指定無形民俗文化財)。江戸時代中期に始まったといわれ、天下泰平、五穀豊穣、悪疫退散、雨乞いなどを祈念して獅子舞が奉納されます。
住所足立区花畑七丁目16番8号
アクセスつくばエクスプレス 六町駅 東武バス花畑団地循環「花畑六丁目」下車 徒歩8分
東武スカイツリーライン 谷塚駅 東武バス花畑桑袋団地行き 草加記念体育館下車 徒歩8分
マップ
問合わせ先03-3883-2908

ハナハタオオトリジンジャ

ハナハタオオトリジンジャ