EVENTS

足立を楽しもう!直近のイベントをご紹介します。

イベントを読み込み中

« イベント一覧

  • このイベントは終了しました。

【エンタメ】叶悠眞 写真展 「大パンダ展」

8月 26日 - 9月 6日

おおぱんだてん区内在住の写真家・叶悠眞(かのう ゆうしん)氏がふと訪れた上野動物園のシャンシャンに魅せられ、4カ月間毎日撮り続け、さらに中国四川省パンダ保護区やマレーシアまで足を運ぶほど、パンダにのめり込んでいます!
連日の猛暑のなか、上野動物園でシャンシャンを待ちわびるご年配や小さいお子さんに配慮し、エアコンの効いた部屋でシャンシャンを見てもらいたいとの思いから写真展を開催することになりました!

【日時】
8月26日(日)~9月6日(木)午前10時30分~午後8時30分
※初日は午後3時から、最終日は午後5時まで
【場所】
シアター1010 ギャラリーA(北千住駅西口 マルイ上11階)
【費用】
入場無料
【関連イベント】
<ギャラリートーク(無料)>
9月1 日(土)・2日(日)午後1時~2時
<叶さんが熊本地震で被災した様子を撮影した写真を展示(無料)>
8月30日(木)~9月5日(水)
足立区役所アトリウムで開催する防災震災パネル展に、叶さんが熊本地震で被災した様子を撮影した写真も出展されます。
【問い合わせ先】
写真家 叶 悠眞 電話090-3204-2886

おおぱんだてん

シャンシャン

写真家 叶悠眞氏からのメッセージ

2018年2月21日、日本中に大フィーバーを巻き起こしている恩賜上野動物園の「ジャイアントパンダ・シャンシャン」を撮影しようと軽い気持ちで、東園・表門に開園前の8時30分から並びました。
入園券及びパンダ観覧整理券を手にして「シャンシャン」に会えたのは、待つこと7時間後の午後4時10分だったのですが、
残念ながら木の上でぐっすりと寝ていました。
翌日も観覧整理券を手に待つこと3時間、また同じスタイルで寝ておりました。
どうしても「シャンシャン」の顔を観たい。
諦めずに3日連続で観覧整理券を手に「シャンシャン」詣で。
昨日と同じ木の上に居ました。
ひっくり返った状態で手を振っている「シャンシャン」でした。
「私を撮ってよ」と言わんばかりでした。
その愛くるしい「シャンシャン」に魅せられて、しばらく被写体として追ってみるか?とパンダ舎通いが始まりました。
日に日に「シャンシャン」の愛くるしい動作にのめり込む自分が居ました。

大パンダ展

シャンシャン

当初、観覧時間が30秒制限と屋外部分に高さ2メートル超のガラス柵に戸惑い、撮影方法に試行錯誤しました。
6月5日からは整理券配布を取りやめ観覧行列に並んだ順の方式となり、更に撮影が難しくなりました。
「立ち止まっての撮影はご遠慮ください」、「一列で列を崩さないでください」と、歩きながら撮っている状況でした
そんな状況の中で、7月20日まで6ヶ月間のほぼ毎日「シャンシャン」を撮り続けておりました。
そして、中国四川省のパンダ保護センター三箇所(3月)、和歌山のアドベンチャーワールド(6月)、7月にはマレーシアのクアラルンプールのズーネガラ(国立動物園)と取材域を広げていき、撮りためたパンダの写真は、海外を含めて23万2000カットを超えております。
そして今でも「シャンシャン」の撮影は続いております。
この度の大パンダ写真展は、その中から厳選した愛くるしいカットを展示します。
是非、愛くるしい「シャンシャン」をお楽しみください。

シャンシャン

平成30年3月、中国四川省臥龍パンダ保護センターでの子パンダ

平成30年3月、中国四川省臥龍パンダ保護センターで撮影

今年3月、中国四川省臥龍パンダ保護センターでの子パンダ

今年3月、中国四川省臥龍パンダ保護センターで撮影

平成30年7月、マレーシア・クアラルンプール「ズーネガラ」で撮影

平成30年6 月、和歌山のアドベンチャーワールドで撮影

平成30年6 月、和歌山のアドベンチャーワールドで撮影

 

詳細

開始:
8月 26日
終了:
9月 6日
参加費:
無料
イベントカテゴリー:

主催者

叶悠眞
電話番号:
090-3204-2886

会場

シアター1010・ギャラリー
東京都足立区千住3-92 千住ミルディスⅠ番館 10F + Google マップ
Web サイト:
http://www.t1010.jp/index.html

足立歳時記

1月

千寿七福神めぐり

開催日:元旦~7日

開催場所:本氷川神社・大川町氷川神社・元宿神社・千住神社・八幡神社・河原町稲荷神社・仲町氷川神社

全長約2キロメートルのコースをご朱印を集めながら巡ります。全7寺社のご朱印を集めた色紙を1年間飾っておくと七難を除き、七福を招くといわれています。

センジュシチフクジンメグリ

伊興七福神めぐり

開催日:元旦~7日

開催場所:実相院・福寿院・源正寺・法受寺

伊興地区にある4つの寺院に祀られている七福神を巡るコースです。所要時間は1から2時間程度です。

イコウシチフクジンメグリ

あだち市場の日

開催日:第3土曜日

開催場所:東京都中央卸売市場 足立市場

千住の魚河岸、足立市場で流通する生鮮水産物を広く紹介するとともに、「さかな」を見て、味わって、市場施設を理解するイベントです。

あだち 光の祭典

えんま開き

開催日:15・16日

開催場所:勝専寺

普段は閉ざされている閻魔堂の扉が開かれ、「えんま大王」を拝観することでできます。日頃の罪を許してもらえるほか、万病、特に喉の病気にご利益があると伝えられています。

エンマビラキ

初大師・だるま市

開催日:21日

開催場所:西新井大師

新年初めての縁日である「初大師」の日には、本尊の十一面観音の開帳が行われるほか、境内ではだるま市が立ちとてもにぎわいます。

聖徳太子講まつり

開催日:22日

開催場所:源証寺

区内で唯一の聖徳太子をまつる太子堂があるお寺です。「聖徳太子講まつり」の日には、聖徳太子の掛け軸が護摩の火にかざされます。
2月

だるま供養

開催日:上旬

開催場所:西新井大師

東京では珍しい「だるま供養」の行事は、昭和29年から行われています。供養されるだるまは、一年間商売繁盛など様々な祈願をされたものです。

ダルマクヨウ

3月

梅まつり

開催日:上旬

開催場所:大谷田公園

合計約170本の梅で彩られた大谷田公園で梅の開花時期に合わせて行われる春の人気行事です。

ウメマツリ

あだち市場の日

開催日:第2土曜日

開催場所:東京都中央卸売市場 足立市場

千住の魚河岸、足立市場で流通する生鮮水産物を広く紹介するとともに、「さかな」を見て、味わって、市場施設を理解するイベントです。

あだち 光の祭典

4月

舎人公園 千本桜まつり

開催日:上旬

開催場所:都立舎人公園

桜の花が見ごろとなる都立舎人公園で、物産展をはじめ、たくさんの楽しいイベントが行われます。

センボンザクラマツリ

5月

あだち市場の日

開催日:第2土曜日

開催場所:東京都中央卸売市場 足立市場

千住の魚河岸、足立市場で流通する生鮮水産物を広く紹介するとともに、「さかな」を見て、味わって、市場施設を理解するイベントです。

あだち 光の祭典

6月

しょうぶまつり&世界の食広場

開催日:上旬

開催場所:しょうぶ沼公園~都立東綾瀬公園(ハト公園)

約140品種8,100株のハナショウブが咲き誇るしょうぶ沼公園会場と東綾瀬公園(ハト公園)を結ぶスタンプラリー、世界の料理を味わえる食広場をお楽しみいただけます。

ショウブマツリ

ホタル見night!(ナイト)

開催日:中旬

開催場所:足立区生物園

ホタルの夜間観賞会です。屋内に設置された2メートル四方の「ホタル見box」内に放されたゲンジボタルを間近で観察することが出来ます。

ホタルミナイト

足立伝統工芸品展

開催日:中旬

開催場所:東京芸術センター21階 天空劇場

長い歴史と風土の中で育まれ受け継がれてきた伝統工芸品を一堂に集め、展示・即売・実演を行います。
7月

あだち市場の日

開催日:第2土曜日

開催場所:東京都中央卸売市場 足立市場

千住の魚河岸、足立市場で流通する生鮮水産物を広く紹介するとともに、「さかな」を見て、味わって、市場施設を理解するイベントです。

あだち 光の祭典

えんま開き

開催日:15・16日

開催場所:勝専寺

普段は閉ざされている閻魔堂の扉が開かれ、「えんま大王」を拝観することでできます。日頃の罪を許してもらえるほか、万病、特に喉の病気にご利益があると伝えられています。

エンマビラキ

足立の花火

開催日:下旬

開催場所:荒川河川敷(東京メトロ千代田線鉄橋~西新井橋間)

わずか1時間で1万発以上も打ち上げる高密度な花火をお楽しみいただけます。

アダチノハナビ

花畑の大鷲獅子舞

開催日:海の日の前日

開催場所:花畑大鷲神社

境内において、悪疫退散・天下太平・五穀豊穣を祈願する獅子舞(別名 御祈祷獅子舞)を奉納します。

ハナハタオオトリジンジャシシマイ

8月

子供俳句教室

開催日:上旬

開催場所:炎天寺

一茶まつり全国小中学生俳句大会を催している炎天寺で小中学生を対象にした俳句教室を開催します。
9月

あだち市場の日

開催日:第2土曜日

開催場所:東京都中央卸売市場 足立市場

千住の魚河岸、足立市場で流通する生鮮水産物を広く紹介するとともに、「さかな」を見て、味わって、市場施設を理解するイベントです。

あだち 光の祭典

鹿浜の獅子舞

開催日:中旬

開催場所:島氷川神社/糀屋氷川神社/天祖神社/鹿浜北野神社

鹿浜地区の4神社が交替でおこなっています。大獅子・中獅子・雌獅子の3匹獅子と花笠衆4人が、太鼓と笛の音に合わせて舞い、泰平安穏を祈願する村の祭祀芸能として伝えられています。

シカハママツリ

千住のまつり

開催日:中旬

開催場所:旧日光街道を中心とする千住地区

毎年9月の第2土・日曜日または第3土・日曜日を中心に千住各町で秋祭りが行われます。北千住の駅前や商店街などには、地口行灯が飾られ祭りの気分を盛り上げます。

センジュノマツリ

橋戸稲荷神社祭礼(伊豆長八のこて絵公開)

開催日:中旬

開催場所:橋戸稲荷神社

本殿扉に残された伊豆長八のこて絵「親子狐」を観ることが出来ます。

ハシドイナリジンジャ

島根ばやし

開催日:中旬

開催場所:島根鷲神社

神田ばやしの流れをくむ古風なおはやしで、葛西ばやしより古いと言われています。

北足立市場まつり

開催日:下旬

開催場所:東京都中央卸売市場 北足立市場

新鮮な野菜や果物、みずみずしいお花やみどりがお手ごろな価格で手に入る年に1度のイベントです。
10月

あだち区民まつり(A-Festa)

開催日:上旬

開催場所:荒川河川敷(虹の広場)

ステージショーやリバーサイドバザー、タイヤ引きレースなど家族みんなで楽しめるイベントです。

アダチクミンマツリ(エーフェスタ)

大輪菊展示会

開催日:下旬

開催場所:都市農業公園

区内で栽培された菊を展示。優秀な生産者を、褒章をしています。

郷土芸能大会

開催日:下旬

開催場所:足立区役所2階庁舎ホール

郷土芸能であるお囃子・獅子舞・神楽・太鼓などを演奏し、将来に伝承していきます。
11月

酉の市

開催日:酉の日

開催場所:花畑大鷲神社/島根鷲神社

花又(現在の花畑)の鷲大明神は江戸「酉の市」発祥で、約600年の歴史があると言われています。酉の市は島根の鷲神社でも開かれ、二の酉には地元に伝わる神代神楽の奉納も見られます。

トリノイチ

あだち市場の日

開催日:第2土曜日

開催場所:東京都中央卸売市場 足立市場

千住の魚河岸、足立市場で流通する生鮮水産物を広く紹介するとともに、「さかな」を見て、味わって、市場施設を理解するイベントです。

あだち 光の祭典

一茶まつり(蛙相撲・全国小中学生俳句大会)

開催日:23日

開催場所:炎天寺

江戸時代の俳人・小林一茶にゆかりのある炎天寺で、俳句という日本独特の文化を紹介するイベントです。

イッサマツリ(カエルズモウ)

12月

光の祭典

開催日:上旬

開催場所:竹ノ塚駅東口~元渕江公園

約70万球のイルミネーションが竹の塚を彩ります。メイン会場の元渕江公園で物産展・ステージショーなどのイベントも開催されます。

あだち 光の祭典

雪吊り

開催日:上旬

開催場所:花畑記念庭園

冬を迎える前に花畑記念庭園内にあるクロマツに対して、冬の美しい修景物としてもよく知られている「雪吊り」が施されます。

ユキヅリ

足立のものづくり展

開催日:中旬

開催場所:足立区役所2階庁舎ホール

靴、鞄などの皮革製品、アクセサリーなどの鍍金製品や印刷製品などの地場産業製品をはじめ、長い歴史と風土の中で育まれ受け継がれてきた伝統工芸品を展示、販売します。

アダチデントウコウゲイヒンテン

納めの大師

開催日:21日

開催場所:西新井大師

1年の納めの行事が行われ、主に商売繁盛を祈願します。境内には熊手、だるまなどを売る露店が立ち並び、参拝客でにぎわいます。

舎人文化市(ごぼう市)

開催日:23日

開催場所:舎人氷川神社

江戸時代から舎人地区で開かれていた市を復活させたもの。境内では地元産のとれたて野菜などの販売が行われます。

ゴボウイチ